唱歌 日本の自然・風景 行事 た行

つき

投稿日:2018年1月14日 更新日:

作詞作曲:文部省唱歌

夜空に輝く月の様子を歌っています。
明るさと暗さの変化が素朴で美しく表現されています。

秋は月がとても綺麗です。「お月見」にて取上げられる歌ですね。

明治43年文部省発行の「尋常小学読本唱歌」に掲載されました。
昭和16年発行の「ウタノホン(上)」では、曲名が『オ月サマ』と変更されていたようですが、また『つき』に戻ったのですね。

歌詞の意味

  1. 月がでた
    まるまるい 真ん丸い
    お盆のような形の月
  2. 雲に隠れた
    黒い黒い 真っ黒い
    墨のような雲に

「ぼん」とはお盆の事です。
現在は長方形が主流ですが、昔は丸い形をしていました。

盆踊りも 丸い盆のようになって踊るために「盆踊り」と名付けられた説もあるそうです。

歌唱ポイント

大人が歌う場合は、心を穏やかにして、ゆっくりしっとりと歌いましょう。
この曲は距離感がとても大事かと思います。 月は遠くにありますので、視線も心も遠くに置きましょう。

子供たちが歌う時には、両手を頭の上へあげてマルを作り満月を表現したり、
開いた手を左右からゆっくりと中央へ動かし、雲が月を隠す様子などをしながら歌ってみると良いかと思います。
筆者が保育士の頃、この振付で1・2歳児に教えておりましたら・・・・・顔を隠しながら歌う姿がめちゃくちゃカワイイのです。おすすめですよ。

スポンサードリンク



  • この記事を書いた人

ひまわり

こんにちは、ひまわりです。 色々なジャンルを歌いますが、特に好きなのが童謡・唱歌。 日本の古くからの歌を広めたいです。

-唱歌, , 日本の自然・風景, 行事, た行
-,

Translate »

Copyright© ひまわり日本のうた , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.