唱歌 日本の自然・風景 生物(動物・虫・鳥・魚) や行

ゆき

投稿日:2017年2月15日 更新日:

作詞:文部省唱歌 作曲:文部省唱歌

雪がどんどん積もっていきます。
周りの景色の変化が楽しい曲です。

歌詞の意味

  1. 雪よふれふれ 霰(あられ)よふれふれ
    降り続いてずんずんと積もっていく
    山も畑も 綿の帽子をかぶったように白くなり
    枯れ木でさへも花が咲いたように見える
  2. 雪よふれふれ 霰(あられ)よふれふれ
    降っても降っても まだ降りやまない
    犬が喜んで 庭を走り回っているが
    猫はこたつの中で丸くなって暖まっている

雪の降る様子は「しんしん」と表現したりしますが、この曲は「こんこ」。
「こんこ」は、「来い来い」という意味です。雪よもっと降れ!!と言っているのですね。
雪が降り続いて景色が変わっていく様子が、ワクワクしますね。

歌唱ポイント

リズムが意外と間違えて覚えている方が多いかと思います。

ゆきや「こんこ」
「コンコン」にならないように気を付けましょう。キツネ?風邪??どちらも雪が似合いますけどね。

「ふってもふっても」の部分が特に間違えやすい所です。ここはシンコペーション(スキップのリズム)ではありません。リズムに気を付けましょう。

楽しい曲です。子供の頃の気持ちを思い出して、外で走り回る犬の気持ちになって歌いましょう。(私はこたつが好きですが・・・・ん?)

スポンサードリンク



  • この記事を書いた人

ひまわり

こんにちは、ひまわりです。 色々なジャンルを歌いますが、特に好きなのが童謡・唱歌。 日本の古くからの歌を広めたいです。

-唱歌, , 日本の自然・風景, 生物(動物・虫・鳥・魚), や行
-,

Translate »

Copyright© ひまわり日本のうた , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.