夏の日の贈りもの

作詞:高木 あきこ 作曲:加賀 清孝

日常生活に戻っていく秋に、夏を思い出しています

中学校の音楽の教科書に掲載されていました。合唱祭・合唱コンクールなどでもよく歌われる曲です。

歌詞の意味

  1. 夏も終わりいつもの生活に戻っていく頃には、山は秋の色に変化してくる
    肩に赤とんぼが止まる季節には、夏の思い出は遠くなっている
    夏の記憶をたよりに歩いていくと
    古い小屋のベンチに書いたイニシャルの文字は消えかけていた

    山は高く太陽は呼びかけてくる
    美しい夏の思いでは 山からの贈りものだった

  2. 思い出すと 遠くから友達の声が聞こえてくる
    草の上に地図を広げて見たのも 遠い記憶のようだ
    白い雲は光りながら山を超えていく
    未来に込めた願いをのせて どこまでも流れていく

    山は高く太陽は呼びかけてくる
    美しい夏の思い出は 山からの贈りものだった

歌唱ポイント

遠い記憶を懐かしむように、秋の風のように爽やかな声で流れるように歌いましょう。

サビ(山は〜〜高くそびえ〜〜)は、山の壮大さと力強さが出ると良いですね。

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA