こおろぎ

作詞:関根 栄一 作曲:芥川 也寸志

こおろぎの鳴き声を繰り返すかわいい曲です。
小さなお子様でもあっという間に覚えられますよ

 

歌詞の意味

  1. こおろぎが草の中で
    ちろちろりん ころころりん と鳴いてるよ
  2. お兄さんがちろちろりんと歌ってるよ
    弟はころころりんと歌っているよ
  3. 草の中で 優しくちろちろりん
    かわいくころころりん と歌っているよ

あれマツムシが鳴いてる~♪ではじまる唱歌「虫のこえ」が、秋の虫の曲としてとても有名ですが、こんなかわいらしい曲もありますので、是非覚えてくださいね。
ちろちろりん、ころころりん♪と繰り返していると、とても心がほんわかします。

小さい子供たちが一生懸命歌う姿は、本当にかわいいですよ。
是非親子で覚えてください。
幼稚園の先生・保育園の先生、ぜひこの曲も教えてあげてくださいね。

歌唱ポイント

怒鳴ったりせず、優しい声でかわいらしく歌いましょう。

こおろぎってどんな虫?

コオロギの種類

エンマコオロギ、カマドコオロギ、クマコオロギ、タンボコオロギ、ハネナシコオロギ、ヒメコオロギ、フタホシコオロギ、ミツカドコオロギ・・・

日本で一番多い種類が、エンマコオロギのようです。この写真もエンマコオロギくんです。

コオロギはオスだけ鳴く

オスとメス、鳴くのはオスだけのようです。
たてがみの大きなライオンや、おおきく羽を広げるクジャクも、オスだけの特権。

「僕はとても魅力的なんだぞおおお~~~~♪」 と歌っているのね。
その声を聴いたメスが、どのオスと結婚するかを選ぶのでしょう。
なるほど、この曲に出てくるのは「兄さん」と「弟」。男だけですね。

こおろぎが出てくるおすすめ絵本

 

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA