さくらさくら

作詞作曲:不詳

江戸時代から伝わる箏曲(お琴用の曲)
歌詞が何度か変化していますが、今も世界で愛される日本の曲です。

歌詞の意味

さくらさくら
三月の空を見渡してみると
この霞みがかった景色の中で
いい香りがしてきた(鮮やかな色が見えてきた)
さあさあ 見に行こう

言葉の意味

弥生

三月のことです。日本の古い月の呼び方は
1月 睦月 (むつき)、2月 如月 (きさらぎ)、3月 弥生 (やよい)・・・・
この「やよい」です。

霞みか雲か

ぼんやりした景色のことでしょう

匂いぞ出る

いい花の香りがしてきた
にほい=色がくっきり見える という意味もあるようですので、景色の中に鮮やかな色が見えてきた(桜のピンクがはっきりとしてきた)という意味にも捉えられます。

歌詞の変化

「さくらさくら」は、日本の古謡です。
子供のお琴練習曲として江戸時代に作られた「咲いた桜」がルーツだと言われています。

そこから明治時代に作られた歌詞が、動画と同じものです。

(作者不詳だから書いても大丈夫ですよね・・・)

さくら さくら
やよいの空は 見わたす限り
かすみか雲か 匂いぞ出ずる
いざや いざや
見にゆかん

そして、以下が現代の教科書に掲載されいている歌詞です。文部省唱歌の歌詞。

さくら さくら
野山も里も 見わたす限り
かすみか雲か 朝日ににおう
さくら さくら
花ざかり

思えば、私も後者の歌詞を学校で習いました。
昔の歌詞よりも、意味がわかりやすくなっていますよね。

どちらがひまわりの好みかというと、やはり前者です。
「いざやいざやみにゆかん」ここが好きなのです。

遠くで色づく桜を見て、春の匂いを感じ、居ても立っても居られない・・・・早く見に行こうよ!!!

あっという間に咲いて、あっという間に散ってしまう桜。一瞬の美しさだからこそ、日本人の心に響いて歌い継がれているのでしょう。

世界でもこの曲は有名で、日本人が外国で演奏会をするときには、アンコール曲としてよく選ばれるとのこと。

歌唱ポイント

遠くの景色の広がり、霞みがかった柔らかな色合いを、声に乗せて歌うのが理想ですね。

歌声からこの曲の風景を感じられたら最高なのですが・・・

とにかくレガートに。あたたかな空気が流れるように、優しい響きを絶やさないように気を配りましょう。

「いざやいざや」は気持ちの高ぶりを、ほんの少しのアクセントで表現します。

声の伸ばした後の始末はとても大事です。ぶちっと切らずに柔らかく包み込むように処理してください。

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA