夏は来ぬ

作詞:佐佐木 信綱 作曲:小山 作之助

うのはなの におうかきねに♪
普段の生活のかすかなことから夏が来たと感じた
そんな繊細な曲です。
日本の初夏の風景がたくさん詰まっています。

歌詞の意味

旧暦の皐月(五月)は、現在の6月頃にあたります。
さみだれ=五月雨も6月頃の梅雨の時期に降る雨のことでしょう。
橘は柑橘系の植物。日本古来からのミカンだそうです。
蛍の光は、電気のない時代に勉強するための明かりとして使われていました。

  1. ウツキの花が色美しく花開いた垣根に
    ホトトギスが早くも来ていて
    今年初めて声を聴いた
    夏が来たなあ
  2. 梅雨の雨が注ぎ込む山の田んぼで
    女性が衣類の裾を濡らし
    田植えをしている
    夏が来たなあ
  3. 橘の花が香る軒下で
    窓の近くで蛍が飛んでいるのを見ると
    怠ける気持ちが引き締まる
    夏が来たなあ

歌唱ポイント

音階がかなり上下します。途切れ途切れにならないように、なめらかに歌いましょう。初夏の曲です。最後までさわやかに歌い切ります。 1~3番の違う情景を思い浮かべながら表現しましょう。

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA