スキー

作詞:時雨 音羽 作曲:平井 康三郎

広々とした雪景色の中で、爽快にスキーを楽しんでいます

昭和17年文部省発行の「初等科音楽・四」に掲載。
景色の広がりとスピード感がある曲です。

歌詞の意味

  1. 山は白銀の世界 
    朝日を浴びながら風のように速くスキーを滑る
    飛んでくるのは粉雪だろうか。 それとも霧だろうか。
    おお、私の体も走っていこう
  2. 真っ直ぐに立ち、体を踊らせながら、
    飛鳥のように小山も飛び越えていく
    ぐんと迫ってくるのは 麓の景色なのか それとも谷なのか
    おお、楽しい。 これは磨き上げられたジャンプの技なのだ。
  3. 風を切り裂くように左右に滑っていく 
    跳んでも踊っても山の斜面は流ように早い
    空は青く、大地は白い
    おお、あの丘も、滑りに来ないかと私を呼んでいるようだ

歌唱ポイント

スキーのスピード感を出すのが一番大事なポイントですね。
楽譜にも出ているアクセントをしっかり出すと、スピード感を感じられるような気がします。

  • すべる スキー
  • とぶは こきか
  • おおお こみも

トランペットのような破裂音をイメージして、リズムは細かく刻んでいきましょう

Follow me!

スキー” に対して1件のコメントがあります。

  1. F3 より:

    小学生のとき音楽の授業で習い、この躍動感あふれる歌が大好きになり暗記して歌いました
    スキーを始めた頃に少しスピード出して滑れるようになると、この歌を口ずさんでいた思い出があります。
    歌唱ポイントのとおり、その部分をアクセント付けて歌ってみたら、メッチャ良かったです。

    蛇足ですが昔、高田渡さんが、大瀧詠一さんのラジオ番組に出た時、この歌を「借金の歌」と替え歌にして歌ってましたね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

冬の夜

次の記事

豆まき