ドロップスのうた

作詞:まど みちお 作曲:大中 恩

こどもも大人も大好きな甘いドロップ。
神様の涙から出来てたの?

1963年にNHK「みんなのうた」で発表。その後「おかあさんといっしょ」でもよく歌われるようになりました。

歌詞の意味

物語のようになっています。

  1. 昔 泣き虫な神様が
    日の出を見て泣き、夕焼けを見て泣いていました。
    真っ赤な涙をながし、黄色い涙をながし、
    それが世界中に広がってドロップスになりました
    子供がペロンペロンとなめます
    大人がペロンペロンとなめます
  2. 昔、泣き虫な神様が
    悲しくても泣いて 嬉しくても泣いていました。
    酸っぱい涙を流し、甘い涙を流し
    それが世界中に散らばりドロップスになりました
    子供がちゅるんちゅるんと食べます
    大人ががちゅるんちゅるんと食べます

歌唱ポイント

かなり難しい曲です。音程の上下も激しく、言葉も沢山入ってます。リズムも細かく刻まれています。

歌詞の内容を楽しく伝える曲です。言葉をはっきりと、日本語のイントネーションに気を付けながら歌います。

特に筆者が大事に歌う部分は「ぽろーーーーんぽろん」。目から出たドロップを遠くに弧を描くように飛ばすイメージです。

年長さんで何とか歌えるでしょうか・・・。小学生以上におすすめですね。

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA