童謡 行事 あ行

ありがとうさようなら

投稿日:2018年3月15日 更新日:

作詞:井出 隆夫 作曲:福田 和禾子

卒業ソングとして有名です。
友達・教室・先生との思い出に感謝する歌ですね。

1985年、NHKみんなのうたで放送されました。歌詞に卒業という言葉は出てきませんが、学校での思い出を振り返る歌詞の為、卒業ソングとして定着しました。

2016年にドコモのCMで、タレント秋山竜次が替え歌を歌っていましたね。

歌詞の意味

  1. ありがとうさようなら 友達
    友達みんなそれぞれの笑顔 楽しく明るい声
    夏の日も 冬の日も 皆輝いていた
    ありがとうさようなら 友達
  2. ありがとうさようなら 教室
    楽しい日 あっという間に過ぎて行った
    思い出がたくさん詰まったあの机に
    次は誰が座るのだろうか
    ありがとうさようなら 教室
  3. ありがとうさようなら 先生
    叱られた思い出も 先生の愛情を感じた
    新しい世界に向かって 希望を持ち
    各自が旅立ち進んでいく
    ありがとうさようなら 先生
    ありがとうさようなら みんな みんな
    ありがとうさようなら みんな

卒業ソングにありがちな歌詞の難しさはなく、素直に心に届いてきますね。

歌唱ポイント

 

ありがとうさようなら○○の所は、しんみりと滑らかに。

特に3番の曲の中央は、気持ちが盛り上がる所です。皆が未来に向かって飛び立つように、音量もだんだんと上げていきましょう。

 

この曲をNHKみんなのうたで見ていた頃は、ちょうど筆者は小学生でした。当時よりも、大人になった現在の方が、この曲の歌詞が心に入ってきますね。

卒業ソング、どれも歌うと涙腺崩壊。様々な感情が思い出と共に湧き上がってきます。

スポンサードリンク



  • この記事を書いた人

ひまわり

こんにちは、ひまわりです。 色々なジャンルを歌いますが、特に好きなのが童謡・唱歌。 日本の古くからの歌を広めたいです。

-童謡, , 行事, あ行
-, , ,

Translate »

Copyright© ひまわり日本のうた , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.