いちねんせいになったら

作詞:まど みちお 作曲:山本 直純

一年生になるのが楽しみですね

1966年に発表された童謡です。幼稚園や保育園の卒園式でよく歌われていました。

歌詞の意味

  1. 一年生になったら友達たくさんできるかなあ
    みんなで富士山の上でおにぎりを食べてみたいな
  2. 一年生になったら友達たくさんできるかなあ
    みんなで日本中を走ってみたいな
  3. 一年生になったら友達たくさんできるかなあ
    みんなで世界が揺れるぐらい笑ってみたいな

ともだち100人、の謎

友達100人できるかなあ。100人で富士山の上でおにぎりを・・・ん?? 一人足りない・・・・もしかして富士の樹海で迷ってしまった友達がいる?? キャーーーーー!!(怖いっ)

・・・・とかいう話、聞いたことありますか?

友達100人に自分で101人のはずなのに。

なーーんて、突っ込みたくなる気持ちはよくわかりますが、ひまわりの見解を。

小学生に上がる年長さんって、本当の「100」という意味を理解できていないです。

数を1〜100まで唱えられたところで、100の概念の認識はありません。

そんなお年頃の口から出る「ひゃく」というものは「いーーーーーっぱい!」という意味だと思います。

たくさんのお友達と、こんな楽しいことしてみたーーいっ!!とワクワクしている様子が歌われています。

歌唱ポイント

シンコペーションのリズムが多く出てきます。スキップするようにウキウキとした気持ちで歌いましょう。

「パックンパックン」「どっしんどっしん」「ワッハハワッハハ」は実際に食べたり足を踏み鳴らしたり大笑いした顔で、表現豊かに楽しみましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

まちぼうけ

次の記事

はらぺこあおむしのうた