故郷

作詞:高野 辰之 作曲:岡野 貞一

故郷を思い出し気にかけながらも、これからの人生を進んでいこうと決意する歌です。

1914年(大正3年)に、尋常小学唱歌の第六学年用で発表されました。

歌詞の意味

  1. 兎を追いかけていたあの山
    小鮒を釣っていたあの川
    あの時の思い出は私の中をかけめぐり
    忘れることのできない故郷だ
  2. どうしていますか お父さんお母さん
    何事もなく暮らしているだろうか 友達よ
    雨風のように辛いことがあった時に
    思い出すのは故郷のことだ
  3. 自分の夢を実現して
    いつか帰ってこよう
    山は青い故郷に
    水がきれいな故郷に

歌唱ポイント

過去の思い出を振り返り、遠くにいる人を思って歌います。
やわらかい声を遠くに飛ばしましょう。

Follow me!

こちらから会員登録で100pゲットしてからツクツクを見に行こう

おすそわけマーケットプレイス「ツクツク!!」

作詞添削・アドバイス

作詞添削・アドバイス
価格:2,200円(税込)100 ポイント

おすそわけマーケットプレイス「ツクツク!!」

CD「Gift」〜こどもたちに贈るうた

CD「Gift」〜こどもたちに贈るうた
価格:2,200円(税込)75 ポイント

故郷” に対して1件のコメントがあります。

  1. 窪田華穂 より:

    良きです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

富士山(ふじの山)

次の記事

カピバラくん