チューリップ

作詞:近藤 宮子 作曲:井上 武士

赤・白・黄色のチューリップが咲いています。
とてもやさしい歌詞で、春の童謡の中でも代表曲です。

1932年(昭和7年)に「エホンショウカ ナツノマキ 上」にて発表されました。この時には作詞作曲者は明らかにされませんでした。

歌詞の意味

  1. チューリップの花が咲いた
    赤・白・黄色の花が並んでいる
    どの花を見ても 綺麗だなあ

チューリップは江戸時代に日本に伝えられはしたたのですが、大正にはいり富山県で栽培が始まって、やっと日本に普及しはじめました。

その後新潟県では大正8年より球根栽培が本格的に始まり、日本チューリップの発祥の地として石碑と建て、1963年には新潟県の県花をチューリップに指定。

様々な種類があるチューリップですが、「どの花見ても綺麗」というのは、みなそれぞれ良いところがある、という解釈ができます。筆者は、単純な歌詞にも優しさがあふれていて好きですね。

歌唱ポイント

優しく、ゆったりとした気持ちで歌いましょう。

春の心地よい風にチューリップが揺れているような雰囲気が出せると良いですね。

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA