かえるのがっしょう

作詞:岡本 敏明 作曲:ドイツ民謡

輪唱(おいかけっこ)が楽しい童謡です。

「かえるのうたが〜」からはじまるので、曲名も「かえるのうた」と間違われます。「かえるのうた」は、実は別の曲として存在します。

歌詞の意味

カエルの鳴き声が聞こえてくるよ
グワグワ ゲロゲロ・・・

ドイツ民謡「Froschgesang(フロシュ・ゲサング)」の日本語訳の歌です。

輪唱をたのしもう

かえるのうたが かえるのうたが かえるのうたが・・・・
と追いかけっこ(輪唱)をして、他のパートに惑わされることなく、最後まで追いかけっこができるかな?

歌唱ポイント

輪唱を楽しむには、「音程」と「リズム」が大事です。
そうそう、基礎がしっかりできてないと・・・・他につられたり、リズムがガタガタに崩れたりしますよ。

歌いながらあそんでみよう

単純な曲なので、アイデア次第で様々な遊び方ができますよ。

リズムあそび

これね、輪唱を成功させるには、1拍目を意識して4拍子をしっかり刻むことも重要です。

1:膝を曲げて 2.3.4:手を叩く
1:楽器をならす 2.3.4:おやすみ
1:隣の人にものを渡す 2.3.4:おやすみ ←歌いながらやると結構難しい

音階あそび

この曲は、とてもわかりやすい音階になってます。
体を叩きながら、音の高低差を感じてみましょう。

ド:足首
レ:ひざ
ミ:おなか
ファ:胸
ソ;肩
ラ;頭

これだけあれば、かえるのがっしょうはできますよ。
さあ、ドレミファミレド〜〜 ミファソラソファミ〜〜と歌いながら体をたたいてみましょう。
結構難しいですww

模倣遊び

カエルだけで歌ってるなんてつまらない!!

1番がカエルになってゲロゲロしたら、2番は何になる?
うさぎ? キツネ? ぞう? たぬき??

どんな声で歌うんだろう。どんな風に動くんだろう。
体をいっぱい使って遊ぼう!

手繋ぎかえる(ゲーム)

大勢でやると楽しいです。

鬼カエルを一人選び、お部屋の中央へ。
他のかえるは、鬼カエルの周りに集まりカエルポーズ。

カエルのがっしょうを歌いながら、休符のところでカエルジャンプ。
歌い終わったところで、鬼カエルが数回手を叩きます。

まわりのカエルたちは、鬼カエルが手を叩いた回数と同じ人数で集まり、手を繋いでその場に座ります。

人数が集まらなかったカエルたちは、お部屋の中央へ行き、鬼カエルになります。

数の認知、まわりとのタイミング合わせ、集中力、脚力強化など、楽しみながら鍛えることができます。

 

お面があると、さらに盛り上がります!

6月の製作後の遊びの発展にもいいですよね。

他にも子供たちとアイディアを出しながら、遊んでみてくださいね。

Follow me!

おすそわけマーケットプレイス「ツクツク!!」

【グルテンフリー・卵、乳製品不使用】ままがし柚子胡椒のおつまみクラッカー(Lサイズ/50g)

【グルテンフリー・卵、乳製品不使用】ままがし柚子胡椒のおつまみクラッカー(Lサイズ/50g)
価格:720円(税込)21 ポイント

おすそわけマーケットプレイス「ツクツク!!」

訳あり高級ホワイトアーモンドチョコレート500g×1袋/高級チョコのB級品徳用袋

訳あり高級ホワイトアーモンドチョコレート500g×1袋/高級チョコのB級品徳用袋
価格:1,485円(税込)45 ポイント

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA