夕方のおかあさん

作詞:サトウハチロー 作曲:中田 喜直

夏の終わりの、何気ない母との大事な時間

昭和29年に発表されたようです。児童合唱などでも人気で、広く歌われています。とても心があたたまる、優しい曲ですね。

歌詞の意味

  1. 遠くでヒグラシが鳴いている
    ひよこのお母さんが裏庭の扉を開けて
    「ごはんだよ」とひよこをよんでいる
    わたしのお母さんと 同じだわ
  2. 池の水面が波打って 映った夕焼けも揺れている
    メダカのお母さんが小石の影から
    「はやく帰っておいで、ごはんだよ」
    わたしのお母さんと 同じだわ
  3. 緩やかな風が吹いて 笹の葉が揺れた
    子猫のおかあさんが あちこち見ながら
    「おいしいお魚のごはんよ」
    わたしのお母さんと 同じだわ

※おいしいおととで=おいしい魚で

おとと=御魚です。幼児語で、魚のことを「とと」と呼ぶことがあります。

歌唱ポイント

とにかくとにかく、優しいやわらかな声で歌いましょう。かといって、ニワトリもメダカも猫も同じではないはず。

擬音の「カナカナ」「チラチラ」「サヤサヤ」はどのような風景か見たことはありますか? 情景を思い浮かべながら歌ってみましょう。

「ごはんだよーーー」は、山びこのように歌うと楽しいですね。

Follow me!

こちらから会員登録で100pゲットしてからツクツクを見に行こう

おすそわけマーケットプレイス「ツクツク!!」

販売準備中【クツピカ】ママの声から生まれたうわばきを真っ白にする洗剤

販売準備中【クツピカ】ママの声から生まれたうわばきを真っ白にする洗剤
価格:1,265円(税込)63 ポイント

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    前の記事

    こぎつね

    次の記事

    仰げば尊し