作曲者

下総 皖一(しもふさかんいち)

投稿日:2016年11月30日 更新日:

1898年3月31日 - 1962年7月8日(本名:下總覺三)

作曲家・音楽教育者。

埼玉県北埼玉郡原道村砂原(現・加須市)生まれ。

経歴

1920年東京音楽学校(現東京藝術大学)で作曲を信時潔に師事し首席で卒業。後ドイツのベルリン芸術大学でパウル・ヒンデミットにも師事して、後に芸大では癖のついた対位法で有名なブラームス=ヒンデミット系のドイツ音楽語法の先駆者となった。

1934年同校助教授。

1940年文部省教科書編集委員。

1942年同校教授。

1956年東京藝術大学音楽学部長。

門下に芸大で團伊玖磨、佐藤眞、芥川也寸志、松本民之助、山岸磨夫、プライベートで須田くにおらがいる。童謡・文部省唱歌を多く作曲した。また多くの小学校・中学校・高等学校の校歌の作曲も手がけており、総作曲数は1000曲以上にのぼる。

故郷の加須市には下総皖一に関するおおとね童謡のふる里室がある。

代表作

純音楽作品

  • オーケストラのためのバリエーション
  • 三味線協奏曲
  • クラリネットと箏のための組曲
  • フリュート、クラリネット、ファゴットのための小舞曲 など多数

童謡・文部省唱歌

  • 「野菊」 作詞 石森延男
  • 花火」 作詞 井上赳
  • 」 作詞 井上赳
  • 「母の歌」 作詞 野上弥生
  • 「かくれんぼ」 作詞 林柳波
  • たなばたさま」 作詞 権藤はなよ・林柳波
  • 「ゆうやけこやけ」 作詞 文部省唱歌
  • 「電車ごっこ」 作詞 井上赳 など多数

他、多くの校歌などの作曲を手掛けている。

出典:Wikipedia

スポンサードリンク



  • この記事を書いた人

ひまわり

こんにちは、ひまわりです。 色々なジャンルを歌いますが、特に好きなのが童謡・唱歌。 日本の古くからの歌を広めたいです。

-作曲者
-

Translate »

Copyright© ひまわり日本のうた , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.