作詞者

井上 赳(いのうえ たけし)

投稿日:2016年11月30日 更新日:

05302_lrg1889年7月23日 - 1965年7月20日

島根県出身の文部官僚。

1930年代の国語読本である『小学国語読本』(サクラ読本)の編集の中心となった。

 

 

経歴

1921年、鹿児島県の第七高等学校造士館教授の時、大学の先輩である高木市之助に誘われ、文部省図書監修官となる。以後20年にわたって国定教科書の編集に関わる。

1925年から教科書研究のため1年間欧米に留学する。

1931年から『小学国語読本』の編纂に着手する。従来巻一の冒頭に単語から教えていたが井上は「サイタ サイタ サクラガ サイタ」に象徴されるように文から習うように改めた。また、『源氏物語』、『東海道中膝栗毛』などを教材に取り入れるなど文学教育の要素を強くした。この読本は1933年から実施された。

1941年の国民学校への移行に際して『ヨミカタ』、『初等科国語』(通称アサヒ読本)を石森延男らと編集する。アサヒ読本は軍部からの圧力に屈せず児童中心主義を守り通した。

1944年、図書局廃止に抗議して辞職。
1946年から1947年まで衆議院議員を務め、日本国憲法などの審議に参加する。その際、26条2項の正文中、「children」の訳語に「子女」を提言したのは井上である。

1951年から1956年まで東京文科大学(現二松学舎大学)、1958年から死去まで共立薬科大学の教授を務める。

代表作

  • 電車ごっこ(『新訂尋常小学唱歌』信時潔作曲)
  • (『新訂尋常小学唱歌』下総皖一作曲)
  • 花火(『うたのほん』下総皖一作曲)
  • 田植(『初等科音楽』中山晋平作曲)

出典:Wikipedia

スポンサードリンク



  • この記事を書いた人

ひまわり

こんにちは、ひまわりです。 色々なジャンルを歌いますが、特に好きなのが童謡・唱歌。 日本の古くからの歌を広めたいです。

-作詞者
-

Translate »

Copyright© ひまわり日本のうた , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.