北原 白秋(きたはら はくしゅう)

1885年(明治18年)1月25日 – 1942年(昭和17年)11月2日)

日本の詩人、童謡作家、歌人。本名は北原 隆吉(きたはら りゅうきち)。詩、童謡、短歌以外にも、新民謡(「松島音頭」・「ちゃっきり節」等)の分野にも傑作を残している。生涯に数多くの詩歌を残し、今なお歌い継がれる童謡を数多く発表するなど、活躍した時代は「白露時代」と呼ばれる近代の日本を代表する詩人である。

経歴

1885年(明治18年)1月25日、熊本県玉名郡関外目村(現・南関町)に生まれ、まもなく福岡県山門郡沖端村(現・柳川市)にある家に帰る。父・長太郎、母・シケ。

1891年(明治24年)、矢留尋常小学校入学。1897年(明治30年)、柳河高等小学校より県立伝習館中学(現・福岡県立伝習館高等学校)に進むも、1899年(明治32年)には成績下落のため落第。この頃より詩歌に熱中し、雑誌『文庫』『明星』などを濫読する。ことに明星派に傾倒したとされている。

1905年(明治38年)には『全都覚醒賦』が「早稲田学報」懸賞一等に入選し、いち早く新進詩人として注目されるようになる。

白秋は隣家にいた松下俊子と恋に落ちたが、俊子は夫と別居中の人妻だった。2人は夫から姦通罪により告訴され、未決監に拘置された。2週間後、弟らの尽力により釈放され、後に和解が成立して告訴は取り下げられたが、人気詩人白秋の名声はスキャンダルによって地に堕ちた。この事件は以降の白秋の詩風にも影響を与えたとされる。1913年(大正2年)、初めての歌集『桐の花』と、詩集『東京景物詩及其他』を刊行。特に『桐の花』で明星派のやわらかな抒情をよく咀嚼した歌風を見せ、これによって白秋は歌壇でも独特の位置を占めるようになる。

1918年(大正7年)、小田原に転居。鈴木三重吉の慫慂(しょうよう、しきりに強く勧める事の意味)により『赤い鳥』の童謡、児童詩欄を担当。優れた童謡作品を次々と発表し、作品に新生面を拓くのみならず、以降の口語的、歌謡的な詩風に強い影響を与えることになる。

代表作

詩集

  • 邪宗門
  • 思ひ出
  • 東京景物詩及其他 など

歌集

  • 桐の花
  • 雲母集(きららしゅう)
  • 雀の卵
  • 観相の秋(長歌体を主とする詩文集)
  • 風隠集
  • 海阪(うなさか)
  • 白南風(しらはえ) など

童謡集

  • からたちの花
  • トンボの眼玉
  • 日本伝承童謡集成

童謡・作詞

  • 雨降り
  • ゆりかごのうた
  • 砂山
  • 落葉松
  • からたちの花
  • この道
  • ペチカ
  • あわて床屋
  • 待ちぼうけ など多数

校歌・応援歌

  • 暁星学園校歌(作曲:山田耕筰)
  • 関西学院大学校歌「空の翼」(作曲:山田耕筰)
  • 大正大学校歌(作曲:山田耕筰)
  • 武蔵野美術大学校歌
  • 東京大学の歌(東京大学に校歌は存在しない)運動会歌「大空と」 など多数

 

出典:Wikipedia

Follow me!

おすそわけマーケットプレイス「ツクツク!!」

素焼きアーモンド400g×1袋/食塩無添加・保存に便利ジッパー付き袋

素焼きアーモンド400g×1袋/食塩無添加・保存に便利ジッパー付き袋
価格:1,320円(税込)40 ポイント

おすそわけマーケットプレイス「ツクツク!!」

鹿児島産 温州みかん 10kg

鹿児島産 温州みかん 10kg
価格:4,100円(税込)125 ポイント