童謡 生物(動物・虫・鳥・魚) あ行

赤い鳥小鳥

投稿日:2018年1月29日 更新日:

作詞:北原 白秋 作曲:成田 為三

鳥はたくさんの色があります。なんでこの色なの?
歌詞が単純で、とても素朴な歌です。

歌詞の意味

  1. 赤い小鳥は どうして赤いのだろう
    赤い実を食べたからだ
  2. 白い小鳥は どうして白いのだろう
    白い実を食べたからだ
  3. 青い小鳥は どうして青いのだろう
    青い実を食べたからだ

大正7年の「赤い鳥」に掲載で発表されました。とても単純な歌詞の繰り返しで構成されています。
上記動画(筆者ひまわり作)は、3番を文字通り青い色で作ったのですが・・・・よくよく考えるとこの時代は「緑」を青と呼んでいました。ですので、この鳥のイメージは緑色ダッタカモシレマセンネ・・・。緑の鳥だと、ウグイスなどでしょうか。

歌唱ポイント

子供の素朴な疑問の歌詞です。かわいくかわいく。
歌詞もメロディーも同じような繰り返しですので、1・2・3番それぞれ、少しだけ歌い方を変えると聞いている側が飽きません。単純なだけに難しいですね。

スポンサードリンク



  • この記事を書いた人

ひまわり

こんにちは、ひまわりです。 色々なジャンルを歌いますが、特に好きなのが童謡・唱歌。 日本の古くからの歌を広めたいです。

-童謡, 生物(動物・虫・鳥・魚), あ行
-,

Translate »

Copyright© ひまわり日本のうた , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.