小さな木の実

作詞:海野 洋司 作曲:ジョルジュ・ビゼー 編曲:石川 皓也

亡くなった父を思い出しながら懸命に前を向く少年のうた

1971年、NHKの番組『みんなのうた』にて大庭照子氏の深くあたたかな歌声で発表されました。

父親と一緒に拾った木の実をみていると、父親が生前に語ってくれた大事な言葉を思い出すのです。

歌詞の意味

  1. 小さな手で古い木の実を握りしめて
    草原を走っている
    父親と一緒に拾った木の実をにぎりしめて
    今年も少年はひとりで走っていく
  2. 少年の心には幸せだった秋の日の思い出がある
    風が吹き 晴天で あたたかな父親との思い出
    「息子よ、強く生きなさい この世界は自分のものだから」
    秋がきて木の実を見るたびに 父親の言葉を思い出す

歌唱ポイント

なんと切ない歌詞なのでしょうか。大人になるとこの歌詞の深さが改めて理解できますね。

この少年がいる場所は「草原」でとても広い場所です。
綺麗な秋の空の、さらに上の方にいる父親にも届くように、遠くに遠くに声を飛ばしましょう。

「ぼうや強く生きるんだ」からはこの曲の聴かせどころです。
父親の愛情をたっぷりいれて、そして力強く歌いましょう。

命の短いことを察した父親が、息子に残した大事なメッセージでしょう。

Follow me!

こちらから会員登録で100pゲットしてからツクツクを見に行こう

おすそわけマーケットプレイス「ツクツク!!」

※カード専用※布のマスク(サロン専用)

※カード専用※布のマスク(サロン専用)
価格:1,925円(税込)57 ポイント

おすそわけマーケットプレイス「ツクツク!!」

【マスク5枚プレゼント!】マジッス ph12.5 携帯用スプレータイプ 200㎖ 10本セット

【マスク5枚プレゼント!】マジッス ph12.5 携帯用スプレータイプ 200㎖ 10本セット
価格:6,600円(税込)300 ポイント

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    前の記事

    蛙の笛

    次の記事

    雨だれ