作詞者

佐佐木信綱 (ささき つなよし)

投稿日:2016年11月23日 更新日:

nobutsuna_sasaki1872年7月8日(明治5年6月3日) - 1963年(昭和38年)12月2日

日本の歌人・国文学者。正三位勲六等文学博士。

 

経歴

三重県鈴鹿郡石薬師村(現鈴鹿市石薬師町)にて歌人佐々木弘綱の長男として生まれる。

父の教えを受け5歳にして作歌。

1890年(明治23年)、父と共編で『日本歌学全書』全12册の刊行を開始。

1896年(明治29年)、森鴎外の『めざまし草』に歌を発表し、歌誌『いささ川』を創刊。また、落合直文、与謝野鉄幹らと新詩会をおこし、新体詩集『この花』を刊行。

歌誌『心の花』を発行する短歌結社「竹柏会」を主宰し、木下利玄、川田順、前川佐美雄、九条武子、柳原白蓮、相馬御風など多くの歌人を育成。国語学者の新村出、翻訳家の片山広子、村岡花子、国文学者の久松潜一も信綱のもとで和歌を学んでいる。『思草』をはじめ数々の歌集を刊行した。1934年(昭和9年)7月31日、帝国学士院会員。

1937年(昭和12年)には文化勲章を受章、帝国芸術院会員。御歌所寄人として、歌会始撰者でもあった。その流れで貞明皇后ら皇族に和歌を指導している。

1952年(昭和27年)には上代文学会の設立に関わり、学会誌『上代文学』創刊号に祝辞を寄せている。

1963年(昭和38年)、急性肺炎のため死去。墓所は東京谷中霊園の五重塔跡近くにある。三男の佐佐木治綱も歌人だったが、父に先立ち1958年(昭和33年)に病没。孫の佐佐木幸綱も歌人で活動している(元編集者で、治綱の息子)。

代表作

著書

  • 歌のしをり 博文館 1892.4
  • 和歌史の研究 大日本学術協会 1915
  • 佐佐木信綱全歌集 ながらみ書房、2004。佐々木幸綱編など多数

校歌の作詞

  • 東京都の千代田区立麹町中学校
  • 筑波大学附属小学校
  • 台東区立根岸小学校
  • 板橋区立赤塚第三中学校
  • 世田谷区立緑丘中学校
  • 栃木県の那須烏山市立烏山小学校 など多数

作詞

  • 唱歌:「夏は来ぬ
  • 幼稚園唱歌「雀の歌」
  • 「水師営の会見」 等

その他

  • 筝曲・長唄・一弦琴・音頭などの作詞
  • 歌舞伎・オペラなどの脚本

出典:Wikipedia 他

スポンサードリンク



  • この記事を書いた人

ひまわり

こんにちは、ひまわりです。 色々なジャンルを歌いますが、特に好きなのが童謡・唱歌。 日本の古くからの歌を広めたいです。

-作詞者
-

Translate »

Copyright© ひまわり日本のうた , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.