作曲者

小山 作之助(こやま さくのすけ)

投稿日:2016年11月30日 更新日:

koyama_sakunosuke文久3年12月11日(1864年1月19日) - 昭和2年(1927年)6月27日)

日本の教育者・作曲家。日本教育音楽協会初代会長。

経歴

文久3年12月11日(1864年1月19日)新潟県中頸城郡大潟町(現在の上越市大潟区)潟町に生まれる。16歳で小学校を卒業。

1880年(明治13年)上京、大学予備門を経て築地大学(現在の明治学院大学)へ入学する。

1883年(明治16年)、文部省音楽取調所に入学し、伊沢修二に師事。小山は「品行方正学術優等」とされたため卒業まで一ヶ月六円の手当てを支給された。

1887年(明治20年)、音楽取調所はのちに東京音楽学校(現在の東京芸術大学)に改組され、小山は首席で卒業した後も、校長となった伊沢に引き続き研究生として師事し、教授補助として教壇に立った。小山は学生の指導、音楽の研究や作曲に非常に熱心で、教え子にはのちに作曲家となる瀧廉太郎らもおり、才能を見出した小山が滝にドイツ留学を勧めたとも伝えられる。1903年(明治36年)に同校を退職した。

退職後はかつての教え子の面倒を見ていたほか、47歳の時には文部省唱歌の編纂委員となり、作曲や他の委員の指導などにあたった。

1904年(明治37年)には山葉楽器(現在のヤマハ)の顧問となる。また多数の音楽学校の創設、運営にも関わるなど多方面で活躍した。

1927年(昭和2年)6月、東京の自宅で執筆中に倒れ、狭心症のため死去する(享年65)。

「日本音楽教育の母」とも謳われる小山の作曲は唱歌、童謡、軍歌、校歌など非常に多岐に亘り、総作曲数は1000曲を越えるといわれる。また唱歌は当時の国策下で「作者不詳」として発表されたものが多く、小山が生涯実際に作曲した正確な曲数は未だ不明である。

代表作

  • 漁業の歌(作詞:小池友七)
  • 敵は幾万(作詞:山田美妙斎)
  • 夏は来ぬ(作詞:佐佐木信綱
  • 日本海軍(作詞:大和田建樹)
  • 春の心(作詞:佐佐木信綱)  他多数にわたる

 

出典:Wikipedia

スポンサードリンク



  • この記事を書いた人

ひまわり

こんにちは、ひまわりです。 色々なジャンルを歌いますが、特に好きなのが童謡・唱歌。 日本の古くからの歌を広めたいです。

-作曲者
-

Translate »

Copyright© ひまわり日本のうた , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.