里の秋

作詞:斎藤 信夫 作曲:海沼 實

戦後間もないころに発表されました。
戦争に出た父の帰りを、ただただ待っています。

戦争中に作られた曲です。発表直前に終戦を迎え、急きょ歌詞が書きなおされました。

歌詞の意味

  1. 静かな里の秋 家の裏に木の実の落ちる夜
    母さんと二人で 栗を囲炉裏で煮ている
  2. 星が明るい夜は 鳥が渡っていくのが見える
    栗を食べると 父さんの笑顔を思い出す
  3. さようなら南方の島 船に揺られながら帰ってくる
    父さんは無事でいてほしいと 今夜も母さんと祈っている

この曲は、実は戦争中に送られた兵隊さんへの手紙を元に作られました。1番・2番は今と同じ歌詞、3番は父親に国のために頑張ってほしい、4番は自分も兵隊になりたいという内容でした。ですが、その後終戦を迎え、3番が書き直されの発表だったとか。

当時の御国事情が盛り込まれている気がするのは、私だけではないはず・・・。

この曲は唱歌と間違われることが多いです。当初の歌詞は、「お国の為」という内容なので、発表が早まっていたら文部省から許可が出て『唱歌』の部類に入っていたかもしれませんね。

歌唱ポイント

心を落ち着けて、しっとりと歌いましょう。
言葉がなめらかに続いていくよう、息継ぎしすぎないように意識しましょう。

Follow me!

    里の秋” に対して1件のコメントがあります。

    1. 秋山真之 より:

      戦後の一時期。この曲は「復員便り」と言うラジオ番組の主題歌として使われていたそうです。

      1. 匿名 より:

         s16(1941)年生まれ。定年後にフト聞いたメロディから何となく聞き入ったら、昔おふくろが歌っていたのだろうか歌詞を思い浮かべました。
         当時父転勤で上海に居ましたが徴兵により家族は帰国しました。
        その間秋山氏の言うラジオで主題歌だったので、母が歌っていたのでしょう。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA