おばけなんてないさ

作詞:槇 みのり 作曲:峯 陽

主に夏に歌われますが、最近では『ハロウィン』でも歌うようです。
いるような、いないような、どうも気になって仕方がないのです。

歌詞の意味

歌詞そのまま。ストレートです。動画を見ながら楽しんでください。

おばけって、いるの?いないの?
おばけの話を聞くと、なんだか想像しちゃって、お風呂に入るのが怖い~~!

とってもわかりますよね。夏の怪奇現象特集のテレビを見た後って、ずっと頭に残ってるんですよね。

幼稚園や保育園では、夏に4.5才が良く歌う曲です。最近ではハロウィンにも歌われることもあるようです。おばけつながりですね。

歌唱ポイント

スピーディーな曲です。
気持ちの高ぶりを押さえずに、抑揚を持って歌いましょう。
こういう曲はメロディラインを崩して歌ったほうが、歌詞のイメージが伝わります。

おすすめの絵本

画像クリックで、Amazonにて購入いただけます
  

上記の絵本は、「おばけなんてないさ」の歌そのもののイメージ絵本だったり、CDがついていたり。親子で歌って楽しむ絵本です。

きわめつけのおばけの絵本は、やはり有名なこちら。
ねないこだれだ (いやだいやだの絵本) 福音館書店

いやだいやだの絵本シリーズ、大好きです。その中でも一番コワイのが、『ねないこだれだ』です。
一度は見た記憶あるんじゃないかしら。

ほんの数ページしかない、ほぼ絵だけの絵本。文字はほんの少し。
3歳未満児への読み聞かせに最適な長さの絵本なんですが・・・・結構怖いんですよね。
おばけは寝ない子を探しに来てね、おばけの国に連れて行かれちゃうの。

ちょっと低めのゆっくりした声で読んであげてください。 すると、もう布団から出られなくなっちゃうから。おねしょ注意報☆

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA