にじのいろとおほしさま

作詞:遠藤 幸三 作曲:神保 彰

虹と星のふしぎなはなし。
宇宙に想いを馳せて、ちょっとクスッと笑ってしまう歌詞が素敵です。

 

歌詞の意味

  1. 昔、虹の色は8つもありました
    青い空との間に悪戯好きの白があったのです
    白はわんぱくで、滑り台のように飛び出したまま どこかへ行ってしまった
    いたずらっ子の白は、男の子のシャツの色になった
  2. 昔、お星様は昼間も出ていました
    太陽や雲と おしゃべりをしていたのです
    そのおしゃべりがうるさすぎて 誰かから夜の空に移されてしまいました
    お星様の楽しい話は 今は男の子の夢の中に

NHKおかあさんといっしょの1990年10月のうたとして、横山だいすけお兄さんと三谷たくみお姉さんが歌っていた曲です。
夢のある歌詞がとっても素敵ですね。

おかあさんといっしょの曲は、大人目線でも素敵ないい曲が多いです。

歌唱ポイント

物語をこどもに話し聞かせるように、柔らかな声で優しく語り歌いましょう。

この曲のCD

Follow me!

こちらから会員登録で100pゲットしてからツクツクを見に行こう

おすそわけマーケットプレイス「ツクツク!!」

【アップリケマスク】注文専用

【アップリケマスク】注文専用
価格:1,650円(税込)50 ポイント

おすそわけマーケットプレイス「ツクツク!!」

洗える立体マスク ダブルガーゼで肌触りも心地良い サイズ調節可能な日本製

洗える立体マスク ダブルガーゼで肌触りも心地良い サイズ調節可能な日本製
価格:660円(税込)19 ポイント

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    前の記事

    兎のダンス

    次の記事

    しゃぼん玉