にじ

作詞:新沢 としひこ 作曲:中川 ひろたか

大人も子供も、雨はキライ。どんより、イライラ・・・
でも、だんだん晴れて虹が見えたら、こころの雲もなくなっちゃう!

平成の新しい童謡です。つるの剛士さんがカバーしたことで、広く知らせるようになりました。

歌詞の意味

  1. 庭に出したままのシャベルが 一日濡れた
    雨がやんだら くしゃみが1回出た
    雲が風に流されて 光が差してきた
    空を見上げてみたら ららら
    ※虹が空に掛かり 君の気分もスッキリして
    きっと明日はいい天気になるだろう
  2. 洗濯物が1日濡れてしまった
    風がふいてきて くしゃみが1回出た
    雲が風に流されて 光が差してきた
    空を見上げてみたら ららら
    ※ くりかえし
  3. あの子の遠足が 雨で1日延期になった
    泣いた涙もかわいてきて くしゃみが1回出た
    雲が風に流されて 光が差してきた
    空を見上げてみたら ららら
    ※ くりかえし

3人の人物が出てきますね。庭でシャベルで砂遊びをしたかった小さい子。やっと洗濯を干したのに濡れてがっかりするお母さん。遠足だったのに中止になって、泣きすぎてもう涙が出てこなくなった子。

それぞれの状況で気持ちの動きが見えます。やっぱり雨って、気持ちがどんより暗くなってイライラして、雨が降ってる空と一緒ね。でも、雲がなくなって虹が出たのを見たら・・・

うん。きっとみんな元気になる。前向きになるよね。

嫌なことがあっても、辛いことがあっても、いつかは晴れる!

歌唱ポイント

タッカタッカのシンコペーションのリズムで構成されています。スキップするようにいきましょうか。(ひまわりはリズムに乗るのに結構苦労しました・・・)

暗ーい前半と、光がさしてきて前向きになる後半、気持ちの移り変わりを表現できたらいいですね。

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA