童謡 生物(動物・虫・鳥・魚) な行

七つの子

投稿日:2016年10月18日 更新日:

作詞:野口雨情 作曲:本居長世

 

童謡の中でも有名な曲で、昔から歌い継がれています。
カラスも愛情をもって子育てしているのでしょうね。

歌詞の意味

カラス どうして鳴くの?
カラスは山に かわいいたくさんの子供がいるからだよ
かわいい かわいいと カラスは鳴いているんだよ
山の古い巣を見てごらん まるい目をした可愛い子がいるよ

カラスの生体と歌詞の違和感

この曲には不可思議なことがあります。題名に違和感があるのです。
「七つの子」が7羽の子でも7歳の子でもない様なのです。生物学的には、カラスが7個も卵を産まず、7年も生きたひなはもう大人年齢という事実。
「七つ」という日本語はしばしば「多い」という意味として使われることもあるようなので、上記の歌詞の意味として「たくさんの子供」とさせていただきました。
大正時代に発表された曲ですが、いまだ童謡の名曲として歌い継がれているのには、歌詞のあたたかさとメロディの美しさがあってかと思います。
あとは・・・身近な1曲になったのは替え歌の存在も否めないかと。カラスの勝手でしょ~♪

歌唱ポイント

遠くの山を見ながら歌う気持ちです。

音の高低差がある曲ですが、レガートになめらかに歌いましょう。
文章の出だしが「か」で始まる部分が多くありますが、重くならず子音Kに気を付けながら自然に聞こえるようにしましょう。言葉のまとまりを大切に。

スポンサードリンク



  • この記事を書いた人

ひまわり

こんにちは、ひまわりです。 色々なジャンルを歌いますが、特に好きなのが童謡・唱歌。 日本の古くからの歌を広めたいです。

-童謡, 生物(動物・虫・鳥・魚), な行
-,

Translate »

Copyright© ひまわり日本のうた , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.