めだかの学校

作詞:茶木 滋 作曲:中田 喜直

子供達が川の中をのぞいてメダカを見ています。
みんなで集まって学校みたいですね。

歌詞の意味

  1. 川の中はメダカの学校みたい
    そっと覗いてごらん
    みんなでダンスを踊っているよ
  2. めだかの学校のメダカたちは
    誰が生徒で誰が先生なのかわからないほど
    みんなで元気に遊んでいる
  3. めだかの学校のメダカたちは嬉しそうだ
    水に流れてつーーーいつい
    みんなで一緒につーいつい

1950年(昭和25年)に作詞され、1951年(昭和26年)NHKのラジオ番組「幼児の時間」のコーナー「歌のおけいこ」で発表されました。

歌唱ポイント

先生が子供達に教えるように、親が子供に教えるように。優しく広い心で歌いましょう。

この曲で一番大事なところは「そーっとのぞいてみてごらん」だと思っています。

「そーっと」が小さい子にも伝わるように、「「そーっと」ですよ。

メダカとは

メダカってどんな魚?

体のサイズは小さいのですが、目が大きく、頭の上の方より少し出ているものもあり、「目が高い=メダカ」という名前になったようです。

雄と雌の違いは、上記動画にてクイズ形式で紹介しておりますので、ぜひ見てくださいね。

メダカは緩やかな水流を好む淡水魚です。小川や水路、水田などに生息します。ボウフラやプランクトンなどを食べます。

昔の日本では、本当に身近な魚でしたが、1980年頃からだんだんと減少しており、現在では絶滅危惧種に指定されています。

農薬・生活排水・外来種などの影響のようです。

ひまわりが小学生の頃は、理科の授業でメダカの生態について学び、教室でメダカを飼ったりもしました。近所の池や沼などにもメダカは当たり前のようにいて、網でつかまえたりもしましたが・・・今はもう自然に繁殖しているメダカは珍しい時代なのですね。

川をそっとのぞいてみてごらん。

昔は、川を覗くと、メダカにおたまじゃくし、ゲンゴロウ、アメンボなどが当たり前のようにいましたね。

今と昔の見えるものは違うようです。

この歌詞のような日本の風景を大事にしていきたいですね。

 

最近のメダカ事情

テレビで報道されているのをたまたま見かけました。野生のメダカは絶滅危惧種である他に、観賞用としてのメダカが数多く出回っているそうです。

観賞用なら熱帯魚で良いと思うのですが、メダカは熱帯魚ほど繊細ではなく、さほど手をかけなくても飼育が楽にできるのだそうです。

ヒメダカ

日本で普通のメダカといえば、ヒメダカです。

このヒメダカから様々な研究や交配により、以下のような観賞用メダカができてきています。

錦鯉のようなメダカ

メダカ?と疑いたくなる色合い。

高級な錦鯉にそっくりですね!!

背中が青く光るメダカ

背中がエメラルドに光っています。

熱帯魚みたいですよね。

体全体が青白いメダカ

鉄仮面とよばれているらしい?

なんとも無機質ですね。モノトーンのお部屋に合いそうです。

黄金のメダカ

黄金のメダカ? 

本当に金色に光っていますね。

白くてぷっくりしたメダカ

これはかわいい!

お腹がぷっくりとしていてメダカには見えませんね。

メダカのカタログ

メダカにも色々な種類があるのですね。こちらの本では、たくさんのメダカの種類がみれるようです。興味がありましたらチェックしてみてくださいね。

観賞用のメダカは池や川などに逃がしてはいダメ

私が見たテレビでは、メダカの生態系についても伝えていました。

観賞用のメダカが飼えなくなったからといって、安易に近くの川や池などに放さないようにとのことでした。

観賞用のメダカは、自然に入れてしまうと生態系が崩れてしまい、本来自然にいる生き物たちが生活しにくくなってしまう原因にもなりかねません。

自然にたくさん生息していたメダカが、今は絶滅危惧種に指定されているのですから。

ペットはペットとして、最後までしっかりと世話をしてあげましょう。

Follow me!

おすそわけマーケットプレイス「ツクツク!!」

《音楽は何語?》「日本人はクラシック音楽をどう把握するか」

《音楽は何語?》「日本人はクラシック音楽をどう把握するか」
価格:2,640円(税込)80 ポイント

おすそわけマーケットプレイス「ツクツク!!」

《音楽療法元年》

《音楽療法元年》
価格:1,620円(税込)49 ポイント

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA