あのね、あきはね

作詞:もり ちよこ 作曲:SHIKAMON

秋になると、特別な色やにおい、音が聞こえてきます。
心が温まる素敵な歌です

NHKおかあさんといっしょにて、ゆうぞうお兄さん・しょうこお姉さんで歌われていました。秋は物悲しい曲がおおいですが、これは心があたたまる優しい歌ですね。是非動画を見ながら覚えて歌ってみてくださいね。

歌詞の意味

    1. 秋は温かな色
      柿色・秋桜色・葡萄色 紅葉は真っ赤
      でもね一番好きのは
      お父さんに肩車をしてもらって見る
      夕焼けの空の色
    2. 秋はおなかが空いた匂い
      焼き芋、アップルパイ、栗ご飯 熱々のさんま
      でもね、一番好きなのは
      お母さんと一緒に作ったココアの
      甘い匂い
    3. 秋は不思議な音
      サクサクの落ち葉 すすきのシャララとした音、スズムシの鳴く声
      でもね、一番好きなのは
      お月様でナイショ話をするうさぎの
      あのねのね

歌唱ポイント

「あ」で始まるフレーズの多い事!!!

この曲は、大事な言葉が「あき」です。そしてタイトルについている「あのね」。最後の「あのねのね」がそれにあたりますよね。

ひまわりは「あ」を「あ」と聞き取れるように歌うのが本当に苦手なんです。ですので、この動画のレコーディングをするのに苦労しました。

大事な言葉のあたまを、しっかりと聞き取れるように意識して歌いましょう。色の名前、においの名前、音の名前。大事な言葉が沢山隠れていますよ。

秋はもの悲しい曲が多いのですが、「あのね、あきはね」は心があたたかくなる曲です。歌声に、優しさと温かい温度が感じられるように歌えるといいですね。

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA